カサンドラ症候群、その1

オフィスフジイ相談室

03-3666-8848

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町4−3 サンコー・フジスター共同ビル1階

営業時間/AM10:00~PM7:00(PM6:00まで入室) 定休日/金曜・日曜・祝日

カサンドラ症候群、その1

カウンセリングコラム

2018/10/18 カサンドラ症候群、その1

皆さま、カサンドラ症候群という言葉をご存知でしょうか?

 

カサンドラ症候群の説明の前に、まず、アスペルガー症候群を説明する必要があります。

アスペルガー症候群は、最近診断基準が変わり、正式には 自閉症スペクトラム障害 のひとつの疾患概念に含められるようになっています、しかし、アスペルガー症候群という診断名としての言葉が診断基準からは削除されてしまったとはいえ、その存在は消えておりません。

 

アスペルガー症候群の特徴としては、社会性の発達の質的な異常、コミュニケーションの質的な異常、興味や活動の偏り、の3つが出現します。一般的にそういう方は世の中に沢山存在しています。しかし、そうとは知らず結婚したパートナーには、大きな負担が掛かってしまうという現実があります。

アスペルガー症候群の方は、一般的に頭が良くて才能があるように見えます、もちろん本当に才能がある方は多いようです。ところが行動パターンはどこか幼く、無責任な考えと行動が見られることが多く、パートナーは理解に苦しむこととなり、常に辛く悲しい気分に苛まされていくことになるのです、

 

カサンドラ症候群の正式名称は、カサンドラ情動剥奪障害といいます。伴侶に自分の考えや気持ちを理解してもらえないので、日常生活に喜びを見出すことが難しくなり、精神的肉体的に追い込まれて行きます。パートナーに認められないのは自分が間違っているからだと考え、自分を責め自信を喪失しまうので、パートナーは二次障害としてのうつ病を発症してしまう場合もあるようです。

 

カサンドラ症候群については、また続きを書きますね。

では、また…

 

 

■■―――――――――――――――――――
電話番号 03-3666-8848
住所 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町4−3
サンコー・フジスター共同ビル1階
営業時間 AM10:00~PM7:00(PM6:00まで入室)
定休日 金曜・日曜・祝日
―――――――――――――――――――■■

TOP