集団で行う箱庭

オフィスフジイ相談室

03-3666-8848

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町4−3 サンコー・フジスター共同ビル1階

営業時間/AM10:00~PM7:00(PM6:00まで入室) 定休日/金曜・日曜・祝日

集団で行う箱庭

カウンセリングコラム

2018/12/18 集団で行う箱庭

 

皆さまこんにちは、皆さまの未来をサポートするカウンセラー藤井幸子です。

 

今日は、集団で行う箱庭療法についてです。

箱庭は基本的にはひとりでひとつの作品を作るのですが、集団(グループ)で作ることもあります。集団で行うグループ箱庭は、集団でひとつの箱庭を作るというものです。箱庭は作品を作る過程や作品の分析を学ぶことが、心理療法家のイメージの拡大につながるので、心理臨床家の訓練として取り入れられることが多いようです。

 

やり方をご紹介します。メンバーひとりひとりが、ひとり1アイテムずつ箱庭に置いていきます。砂に触れたり他のメンバーが置いたアイテムを移動することは自由ですが、一度砂に置いたものは箱から出すことは禁止されています。製作中は、無言で行います。終了は何回目のローテーションで終了するかを、予め決めておきます。

ひとりで箱庭を作ることに抵抗があったり緊張いやすい人でも、集団で行う箱庭は遊びの要素が大きいので緊張が和らげられますし、個人ではチャレンジできないアイテムでも置けたりします。また、集団の中での自分の行動の取り方や、自分の位置取りに気付くきっかけにもなります。

 

実際、個人ではなかなか箱庭を作れなかった人が、集団の中では生き生きとアイテムを置くことができたり、自分のアイテムの置き方から集団の中でいつも自分が取っていた役割に気付くという方もおられました。また、ひとつのグループで、何度か造り続けることで、グループの成長や変化を見ることが出来ます。

そして、作成が完成した後で、必ずシェアリングをすることが必要です。体験したことを言葉にしておくことは大切ですし、箱庭は「解釈」ではなく「感じたこと」を大事にしていくことが、箱庭を作る意味であり醍醐味だと思っていますので、体験を分かち合うことが大切です。。

 

最近は、このグループ箱庭を、職場の部署ごとのメンタルヘルス研修に使ったら面白いのではないかと思っています。

 

以上、お読みくださりありがとうございます。

 

■■―――――――――――――――――――
電話番号 03-3666-8848
住所 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町4−3
サンコー・フジスター共同ビル1階
営業時間 AM10:00~PM7:00(PM6:00まで入室)
定休日 金曜・日曜・祝日
―――――――――――――――――――■■

TOP